HOME
ご挨拶
処方箋メールアプリ
処方箋予約受付
処方箋メール受付
店舗情報
越前堀薬局本店
東京都中央区新川2-17-12 Eビル1F
TEL / 03-3551-9933
FAX / 03-3551-6862
本店新川2丁目交差点角に立つ10階建のビル。
明治期より変わらず、ここ越前堀(旧地名)に居住し、100有余年1万5000点の商品とあくなき健康への探求心でスタッフ一同、皆様をお迎えします。
営業時間
平日 8:00−19:30
土曜日 9:00−14:00
日曜・祝日休業
越前堀薬局本店
越前堀鍼灸院
東京都中央区新川2-17-12 Eビル2F
TEL / 03-3551-9966
→ 越前堀鍼灸院HOME
■ 長年にわたる病苦をいやしたい。
■ 一週間、目一杯酷使した身体をいたわり、リフレッシュさせたい。
■ スポーツのケガを治し、精神的・肉体的ストレスを解消したい。
■ 忙しさにまぎれて、つかれ切った身体をメンテナンスして、自分の生活時間をより以上に楽しく充実させ、自分の能力をもっとアップして自分らしい生活を築きたい。

そんな方のための快適空間です。
越前堀薬局プッシュ
東京都中央区新川2-22-6
TEL&FAX / 03-3555-1835
2007年9月7日 5階建てに生まれ変わりました。
名前の「プッシュ」は「応援」という意味でつけられました。 病気でお悩みの皆さんに、私たちの能力をフルに発揮して一日も早く回復されるよう様々な形で応援をする気持ちを表現しました。
調剤と自家製剤をメインにした店舗構成で全国どちらの病医院の処方せんでもお受けしています。
病気を早く、的確に治療するための薬の情報や、くすりの使い方、先生に質問しにくいことなどもご遠慮なくおたずね下さい。
営業時間
平日 10:00−18:00
土曜日 9:30−14:30
日曜・祝日休業
越前堀薬局プッシュ
越前堀薬局の歴史
1923 大正12年 売薬店のはじめ
2代目犬伏信吉は現在の新川2丁目(当時越前堀)で関東大震災に被災、それまで業としてきた乾物商(鰹節、のり、卵、葉タバコ等販売)を再建すべく、努力していたが、被災しケガや病気で苦しむ多くの人々を見て何か助けになることをと考え包帯、メンソレータム、太田胃散などを店先に並べて売り始めた。これが売薬屋のはじめであった。
1945 昭和20年3月10日 空襲
戦災で店、住宅全焼。即、バラックで営業再開。
1952 昭和27 売薬屋から薬局へ
3代目犬伏武夫は戦後の荒廃した中、売薬屋の経験を積み、昭和27年、越前堀薬局を創業する。
1955 昭和30 漢方薬を導入
当時、ほとんど顧みられず、一部の熱心な医者と患者によって引き継がれてきた漢方薬であったが、エキス剤が開発されると同時に取り入れ、漢方の相談を店の大きな柱とする。
特に痔の薬、皮膚病薬では全国的なお客様を得る。
1960 昭和35 越前堀ドラッグストアーへ名称変更
進取の気性に富む武夫はワンストップショッピングと称し、ご来店のお客様が一ヶ所で用が足せるようにと、当時まだ一般的でなかったドラッグストアーの形態を取り入れ、品種も薬の他に化粧品はもとより自然食品、グンゼ肌着、D.P.E、切手等扱い始める。
1969 昭和44 鍼灸の導入
4代目犬伏貞夫は立教大学を卒業後、すぐに鍼灸学校に再入学。 国家資格を取得して鍼灸院を併設する。
当時、鍼灸はあんまと区別がつかないほど認知度は低かったが、漢方の相談をする中で、より確かな効果を求めて、人の肌に直接触れ、治療の結果を確認できる鍼灸の道に入った。
1973 昭和48 店舗を3階建のビルに改築
第一次オイルショック直前に、待望のビル化ができ、OTC薬、漢方薬、鍼灸治療、化粧品、日用品とお客様への対応が充実する。
1983 昭和58 鍼灸治療の鍼を完全使い捨てに
それまで、鍼の消毒は超音波洗浄後、高圧蒸気減菌器で消毒をして使用していたが、さらに完全を期し、当時研究中であったディスポーザブル鍼(使い捨て鍼)をいち早く導入、全面的に切り替えて、患者さんお一人毎に完全減菌の新品の鍼を一回で使い捨てる方法を導入。
1993 平成5 地上10階建のビル完成
都市計画道路にかかり、10階建のビルに建て替える。 1階 越前堀薬局、2階 越前堀鍼灸院
1996 平成8 保険調剤を本格的に開始
医療過疎ともいえる状態にあったが、地域医療に共感していただける医師と巡り会い、本格的に保険調剤を開始する。
1997 平成9 保険調剤専門の支店開設
お客様の便宜のため支店を開設する。
1999 平成11 中央区より在宅介護支援薬局を委属される
中央区より在宅介護支援薬局を委属される。
2000 平成12 ホームページを開設する
2008 平成20 ホームページリニューアル
アクセスマップ
自家製剤
漢方薬
→ 越前堀薬局フェイスブックページ  
→ 越前堀鍼灸院ホームページ
→ 薬剤師日記ブログ